引っ越しダンボールの最安入手法

引っ越しの際の必需品といえば、ダンボールですよね。
実は、このダンボール、自分で入手しなければいけない場合もあります。
今回は、ダンボールをなるべく安く入手する方法をご紹介します。

1.ダンボール無料の業者

引っ越し業者の中には、ダンボールを無料で提供してくれる業者と、ダンボールを有料で提供してくれる業者、提供してくれない業者がいます。
ほとんどの業者が無料というわけではありませんが、ダンボールを無料で提供してくれる業者は多いものです。
サービスとしてダンボールをつけてもらえたら、ぐっと費用が抑えられます。
荷物が多い人は特に、ダンボールサービスのある業者を選ぶといいでしょう。

2.ドラッグストア・家電量販店

ダンボールをもらうなら、スーパーより、ドラックストアや家電量販店がおすすめです。
スーパーのダンボールだと、サイズや強度もバラバラで、引っ越しに使えるものを探すのに時間がかかってしまいます。
一方、ドラックストアなら、トイレットペーパーやおむつなどを大量にダンボールで仕入れますよね。
サイズが大きく、強度も高いので、引っ越しの荷造りに使うのにぴったりなんです。
家電量販店なら、家電のダンボールですから、当然大きくてしっかりした作りのものですよね。

また、全国チェーンのお店だと、在庫を定期的に補充しますから、ダンボールが大量に出ます。
資源ごみとして廃棄するとお金がかかりますから、図々しいかもなんて心配せずに、まずは店員さんに聞いてみてください。
使わないからといって、勝手にもらっていくのは駄目ですよ。

3.中古ダンボール

中古ダンボール? と思うかもしれません。
引っ越し業者では、その引っ越し業者のマークや名前が書かれた新品のダンボールをお客さんに渡しますよね。
実は、引っ越しで使ったダンボールは大抵、引っ越し業者側が処分してくれるので、使用済みのダンボールが溜まっている業者が多いんです。
一度使われているものですから、ガムテープのあとや文字が書かれているものもありますが、ダンボール自体は綺麗です。
ダンボールが有料の業者で、ドラックストアや家電量販店からもらうのはちょっと……という人は、中古ダンボールがないか、聞いてみるといいですよ。

引っ越しはとかく費用がかかります。
抑えられるところは節約して、なるべくお得に引っ越しをしちゃいましょう。